【ウェアの選び方】スノボ初心者におすすめの機能は?デザインだけで選ぶと失敗します!

スノーボード初心者の人は、ボードとブーツはレンタルにして、
まずはウェアだけを買ってみようという人が多いのではないでしょうか。

 

しかしスノーボードのウェアはブランドや種類が多く、機能や形状によって価格もピンキリなので、どんなウェアを選んでいいのか難しくてわからないですよね。

特にスノボ初心者の人は、できるだけ価格の安い自分の好きなデザインのウェアを選びがちですが、デザインだけで選ぶと後悔する可能性があります。

 

そこで今回は、スノボウェアの購入を考えている人に向けてウェアの選び方を解説します。

ウェア選びの基礎知識から初心者におすすめのウェアまで、わかりやすく解説しますので、ウェア選びに悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

 

目次

ウェア選びの重要性

スノボのウェアは、見た目のファッション性だけでなく、スノーボードの快適さや技のパフォーマンスにも大きな影響を与えます。

 

性能が低いウェアや間違ったウェアを選んでしまうと、不快感によりストレスが増加したり、保温性がなく寒さに晒される可能性も高まります。さらに身体の制約によるスノーボードスキル自体のパフォーマンス低下や、転倒や怪我のリスクも高まります。

また、安価なウェアは使用されている素材も品質が低い場合が多く、耐久性も劣る可能性があります。

耐久性が低いウェアはすぐに防水コーティングが落ちたり、生地が摩耗によりボロボロになってしまうので、買い替えにより逆に出費がかさんでしまいます。

 

ストレスなく安全にスノーボードを楽しむためにも、ウェアは価格やデザインだけで選ぶことなく機能性にも注力して選ぶ必要があります。

ウェアの選び方

スノーボードのウェアには様々な種類や機能、形状があり、ブランドによっても特性が違うため、自分の予算や必要な機能を考慮して選ぶ必要があります。

 

ウェア選びのポイントは主に以下の通りです。

  • 保温・防寒性
  • 防水性
  • 透湿性
  • フィット感
  • 保護機能
  • 付属機能
  • ブランドやデザイン

保温・防寒性

防寒

スノーボードを滑走する上で、ウェアの保温性は非常に重要です。

 

ゲレンデは雪山の中にあり、リフトに乗ることで100m以上も上昇することがあります。

雪山は標高が高いため基本的に気温は氷点下。さらに山頂に近づくほどどんどん気温が下がり、ゲレンデの下と山頂では5度以上も気温が変わることもあります。

季節や地域によっても変わりますが、雪山は天候の変化も大きいので午前中には晴れていても午後には大雪なんて日も普通にあります。

 

さらに早朝と日中、夜間での温度差も非常に大きく、最大で温度差が10℃以上になることもあります。

 

このように雪山での気温は予想が難しく気温が一気に下がる可能性もあるため、もしもウェアの防寒性が低く寒さに晒されることになると体調や健康にも悪影響を及ぼす可能性も高くなるので、ウェアの保温・防寒性は自分の身体を守るためにも非常に重要な機能になります。

防水性

防水

防水性とは、雪の水分が衣服に浸透するのを防ぐ力のことです。

 

スノーボードは雪山で行うスポーツのため地面には常に雪が積もっており、雪が降ることも多い。

そのため防水性が低いウェアを着てしまうとウェアに雪が染み込み、冷たい水分が下着や肌に直接触れることになるので、寒さや不快感を引き起こす場合があります。

 

防寒対策だけやっておけばいいと思い込み、自分の持っているダウンジャケットなどで代替しようとする初心者の人もいますが、防水加工が施されていないウェアは雪が染み込むと逆に寒さが増し、体調に影響を及ぼす可能性があるので、必ず防水加工が施された「スノーボードウェア」を選んで購入してください。

 

初心者の人は、雪面に座ったり転んだりする回数が多いので、防水性の高いウェアがおすすめです。

防水性が高いウェアの選び方

防水性の高いウェアを見極める方法は、耐水圧を確認します。
耐水圧とは簡単にいうと、「どれだけ外からの水をウェア内に染み込ませないか」という数値です。

耐水圧の目安
  • 耐水圧20,000mm:嵐
  • 耐水圧10,000mm:大雨
  • 耐水圧2,000mm:中雨
  • 耐水圧300mm:小雨

スノボは常に雪と触れ合うスポーツなので、最低でも10,000mm以上の耐水圧が必要だと言われています。

 

店舗やネットショップでスノーボードウェアを見てみると、
ほとんどの場合、ウェアの説明欄に「耐水圧20,000mm」などと記載されています。(もし記載がない場合は店員さんに確認してください。)

 

初心者の人は雪に晒される機会が多いので耐水圧は20,000mm以上、最低でも10,000mm以上のウェアを目安に選んでください。

透湿性

透湿性

ウェアの透湿性とは、内部の汗や湿気を外部に排出する力のことです。

防水性が重要だということは前述しましたが、外部からの水を防水する一方で、汗や湿気を内部からも逃すことができなければ、ウェア内部が蒸れたり臭いが発生し不快になる可能性があります。

 

スノーボードは激しい運動を伴うスポーツなので汗もかきます。だから防水性だけでなく、透湿性とのバランスも重要なんです。

 

基本的に高品質なスノーボードウェアは、外部からの水をしっかりと防ぐ防水性を保ちながら、内部から発生する汗や湿気を外部に逃がす特殊構造で作られています。

 

透湿性が高いウェアの選び方

透湿性は、[mg/m2/24h]という単位で表され、24時間で何gの水分を透過させるかという値です。

透湿性の目安

一般的な1時間あたりの発汗量目安は、

  • 安静時:約50g
  • 軽い運動:約500g
  • 激しい運動:約1,000g

と言われており、これを24倍したのが透湿性です。

個人差もありますが、激しい運動でも十分な水蒸気を排出する透湿性は24,000以上です。

 

スノーボードにおいては、透湿性は最低でも5,000程度は必要だと言われています。

初心者の人は、無駄な力が入ったり転倒によるエネルギー消費も多いかと思いますので、浸透性10,000程度のウェアを目安に選んでみてはいかがでしょうか。

 

透湿性を示す数値についても、ウェアの概要や説明欄に記載されていることが多いので、ウェアの購入時に確認してみてください。

フィット感

スノーボードにおいてウェアのフィット感も非常に重要です。

 

正しくフィットしていないウェアを選んでしまうと、快適性がなくなり不快を生むだけでなく、スノーボードのパフォーマンスにも影響を及ぼします。

ウェアが過度にキツいまたは緩い場合、動きに制約が生じることでスノーボード技術の向上が遅くなってしまう可能性もあるので、自分の身体に正しくフィットするウェアを選んでください。

保護機能

保護機能

スノーボードは高速で激しい動きやトリック、ジャンプを行うスポーツなので、
転倒や衝突による怪我のリスクから身体を保護するための機能が搭載されたウェアも販売されています。

 

例えば、ウェアのジャケットやパンツに衝撃を吸収するパッドが搭載されている製品もあり、特に肘、肩、腰、お尻、膝などの部分にパッドが配置されていることが一般的です。

 

保護機能の具体的な範囲やレベルは、ウェアの種類やブランドによっても異なるので、スノーボードウェアを選ぶ際には、自身のスキルレベルやスタイル、および安全性の要件を考慮し、適切な保護機能を備えたウェアを選ぶことが重要です。

 

初心者の人は保護機能つきのウェアに加えて、ヘルメットや外付けのプロテクタなども販売されているので、少しでも怪我のリスクを抑えたいと考えている人は検討してみてください。

 

付属機能

少しでもスノーボードをストレスなく楽しめるように、様々な機能が搭載されたウェアが販売されています。

 

ウェアにあると便利な代表的な機能は以下の通り。

リフト券ホルダー

リフト券を収納するための専用ホルダーが肩や胸に搭載されているウェアがあります。これがあるとリフトの搭乗時にわざわざポケットからリフト券を出す必要がないので便利です。

パウダーガード

雪の侵入を防ぐためのアタッチメントです。これがあると転倒などの際に雪がウェアの中に入ってくるのを防ぐことができます。

ベンチレーション

通気性を調整するためのファスナーです。これがあると暑い時はファスナーを開いて風通しを良くすることができるので、個人的にとてもありがたい機能です。

イヤホンホール

イヤホンのケーブルを通すことができる穴です。イヤホンで音楽を聴きながら滑りたい人はこれがあると便利です。

 

他にも様々なメーカーやブランドから工夫された機能があるので、
自身が必要だと感じる機能が備わっているウェアを選んでください。

ブランドやデザインも重要

デザインだけで選ぶと失敗すると解説してきましたが、
ブランドやデザインもスノボを楽しむ上では重要な要素です。

 

どんなに優れた機能を備えたウェアでも、
ダサいウェアや自分の趣味に合わないデザインだとモチベーションやテンションが上がらないですよね。

スノーボードはカッコ良さを魅せるスポーツでもあるので、いくらスタイルやトリックが上達してもファッションがダサいとカッコ悪く見えてしまいます。

 

自分が好きなブランドや、かっこいい(かわいい)と感じるデザインのウェアを着用することで、自信を持ってノビノビとスノボを楽しむことができるようになります。

スノーボードにおいてファッションは自己表現の一環であり、ボーダーそれぞれの個性やスタイルを表現する手段にもなるんです。

 

ウェアのおすすめブランドについては下記で紹介しております。

 

価格と機能のバランスは大事

スノボのウェアは、ブランドや機能によって大幅に価格が変わります。

 

Amazonなどのネットショップやホームセンターなどの一般量販店では、10,000円未満で上下セット購入可能な安価なウェアも販売されていますが、スノーボード専門ショップや人気ブランドの場合、50,000円を超える高機能なウェアも販売されています。

 

前述してきた通りウェアには様々な機能性やブランドがあり、基本的に高機能なほど高価になっていきます。
スノーボードはウェア以外にも様々なギアやリフト券代、交通費などの出費がかかるため、価格と機能のバランスを考慮してコスパの良いウェアを選んでください。

まとめ

今回はスノーボードウェアの選び方について解説しました。

 

ウェアには様々な機能があるので、思っていたよりも選ぶのが難しいと感じたのではないでしょうか。ウェア選びはスノーボードのパフォーマンスや安全性にも影響するので非常に重要です。

最近ではおしゃれなウェアも多いので、自分の個性やスタイルを表現し存分にスノーボードを楽しむためにも、価格と機能のバランスを考慮しつつ、自分に最適なウェアを選んでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!



この記事を書いた人

スノーボードを15年以上続けてきた経験と、スノーボードの良さや魅力をもっと多くの人に届けたいという思いから、スノーボードに関する様々な情報を発信しています。
主に初心者向けにスノーボードギアの選び方や、初心者の悩みを解決するような情報を発信しているので、当サイトを通じてスノーボーダーがもっと増えれば嬉しいです(^ ^)

コメント

コメントする

目次